contact_tel.png

2012.10.31更新

こんにちはsun

お久しぶりです! 鍼灸師の方のやなぎだです!

きのうの昼休み、2時からの午後診前に15分ほど

うとうとと眠ってしまいました。

午後診の準備をしようと起きて

鏡を見たら、わたしの右眼が開けることもでき

ないくらいに大き腫れあがっていましたweep 

「メバチコ」ってやつです。

ほんとは 「麦粒腫」 ってよばれるんですけど

そんな言い方知らない人の方が多いですよねgawk

メバチコ ・ メイボ ・ ものもらい ・ めんぼ・・・

あなたならどう言っていますか?

あ・・・ちがう、呼び方の話に変わってしまった・・・。

で、眼帯も、目薬も何にも持っていなかったので、

仕方なく空いてる時間で自分で自分にもぐさを捻り

お灸をすえました。 片目なもんで遠近感がまったく

つかめないからやりづらかったwsweat02

あ、ちなみに眼にはお灸はしませんよ!

手の指のツボにすえます。

でもやった甲斐はあります。3時くらいにお灸して、

5時過ぎにはきれいに治まりましたhappy02

鍼灸って、肩こりや腰痛にしか効かないと思っている

方が多いんですが、いろんなことができるんですよ!!

昔の人たちは、自分の手で身体を癒してきたんですもの!

こういう時に、昔の人たちってスゴイなって心から思いますclover

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.26更新

院長です。

今日はプロ野球のドラフト会議。

朝から患者さんの話題もそのことが大半。

拙者はふと思う。
彼らは我々とは縁もゆかりもない人ばかり。

その若者たちの進路決定の瞬間に、なぜこれだけ多くの人たちが一喜一憂するのだろうか?

実に不思議だ。

不完全な制度ゆえ、数々の波紋やドラマを産んできたドラフト。

今年も主役と呼ばれた選手たちが、その渦中で色々なものを魅せてくれた。

阪神に指名された藤浪君。

高校生とは思えぬ落ち着きと潔さ。
阪神にお願いしたい。必ずいい選手に育ててほしい。

大谷君はメジャー挑戦を表明している。
日ハムには彼に悔いのない選択をさせてやってほしい。

菅野君に関しては拙者は言及しまい。

そして東浜君。
我がホークスへようこそ!
高校生の時から、将来若鷹軍団に来てほしいと思っていたので、素直に嬉しい。

指名された全ての選手たち、頑張ってくれ‼

プロ野球ファンとして応援している。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.22更新

院長です。

日曜は久々に拙者も副院長も、講習会などの用事がなく、いつもお世話になっている同じ治療家の先生家族とバーベキューに行ってきた。

たまの休みくらいゆっくりすれば、という声もあるが、

拙者は動いていないと死ぬマグロのようなものだ。

もちろん休む時はとことん休むようにしているが。

先生はすごい雨男ということもあり、いささか心配だったが、絶好のBBQ日和。暑いくらいだった。

今日は先生がほとんどのことをやってくれて楽をさせていただいた。

調理師の免許をも持つ先生は、ダッチオーブンを駆使し、ローストビーフやタンドリーチキンなど、普段のBBQではあまりお目にかかれないものを作りだしていく。

これがまた美味かった!

ゆっくり休んだわけではないが、充実した休日だった。

明日からの仕事の活力になる。

ただ、寝不足は辛いので、早めに休む。

お休みなさい。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.20更新

院長です。

我が福岡ソフトバンクホークスのシーズンが終了した。

札幌に乗り込んでのCSファイナルステージ。

優勝チーム日本ハムファイターズに全敗。

残念だが一位のチームと三位のチーム。単純な力の差だった。

散々書いてきたが、秋山監督の采配には満足できなかったし、選手もあれだけ打てないのならもう少し工夫してほしかった。

しかし

昨年合わせて43勝の投手3人と12球団屈指のチームリーダーが抜け、守護神が手術で不在ということを考えれば、

ファイナルまで進んだのは褒めてやらねばならないと思う。

一年間お疲れ様でした。

そして、おめでとう!日本ハム。
パ・リーグ代表として頑張ってくれ‼

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.16更新

院長です。

クライマックスシリーズ パ・リーグ1stステージ。

西武VSソフトバンクの最終戦。

勝った方がファイナルへ。

仕事から帰って、終盤戦を観戦
したが…最後の2回だけなのにメチャクチャ疲れた。

正直今日、ライオンズに勝てるとは思ってなかった。

第1戦の最終回のノーアウト満塁のピンチと本日の8回、9回の攻防。

本当に痺れた。ホークスのピンチには観ながら普通にえづいた。

ほとんど吐く寸前だった。

それほどの死闘。両チームの選手には拍手を送りたい。さすがプロだ。

拙者はCS制度には大反対だが、こういう名勝負が多いのも事実。

ファイナルでも頑張ってもらいたい。

勝ってもらいたいのではなく、いい試合をしてほしい。
ライオンズのためにも。

先日、ハンバーガーのことを書いた翌日、TVで有名チェーン店のハンバーガーNO.1を決めるという趣旨の番組があった。

あまりにタイミング良すぎて気味が悪かった(笑)

今度また「○○が好きだ」シリーズの第2弾をやろうかと思う(笑)


投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.13更新

院長です。

拙者は暑い夏に太り、涼しくなってくると体重が落ちてくる不思議なタイプである。

それでも、いつでも食べたいものがある。

ハンバーガーだ。

プロフィールにも書いているが、医療人にあるまじく、拙者はジャンクフードに目がない。

ハンバーガー
サンドイッチ
ホットドッグ
など

とくにハンバーガーは適当な言葉が思い浮かばないほど好きである。

チェーン店で好きなのはバーガーキングだ。

カナダで食べて以来すっかりハマってしまった。

時折カナダにスキーに行くが、今やハンバーガーを食べに行くのが主目的になりつつあるほどだ。

以前日本進出に失敗して撤退したが、また舞い戻ってきた。

拙者不覚にも近くに店があることを最近まで知らなかった…

京橋、京都三条、四条の店だ。

嬉しくてすぐに食べたが

何かカナダのとは違う。

何が違うのか?

誰か教えてほしい!

拙者はかの地で食したあの味を欲している!

他に上記のジャンクフードが美味い店があれば、皆様教えていただきたい。

拙者はどこにでも馳せ参じる。

ちなみに今日本上陸してほしいのは

A&Wだ(まだ来てないよな(笑))


投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.06更新

院長です。

昨日は早終いの日。京セラドームで行われた、オリックスVSソフトバンクの今期最終試合を観戦に行って来た。

すでにほぼ順位が決定していたので、勝敗はどうでもよかった(といっても勝ってもらいたいのが人の性だが(笑))

目当ては小久保選手。

今年限りで引退を表明しているミスターホークスだ。

空気の読めなそうな秋山監督のこと、ひょっとして使わないのでは…と不安がよぎったが、

7回の満塁のチャンスに登場。

3塁側のホークスファンだけではない。

オリックスのファンの方たちまで大声援を送る。

泣いている人もいる。

かくいう拙者もこれが最後かと思うと涙ぐんでしまった。

結果はセカンドライナーで凡退。

そんなことはどうでもよい。

引退試合でもないのに、最高に感動的な場面だった。

大阪での今年最後の試合ゆえ、終了後にホークスナインも客席に挨拶。

小久保にまたしても凄まじい歓声。

清らかな表情だった。
さわやかな笑顔だった。

「ありがとう」

小久保は何度も言っていた。

試合には負けたが十分満足だ。

心地良い疲れと少しの寂しさとともに家路についた。

本当に

本当にありがとう、小久保裕紀。





投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.04更新

院長です。

いきなり妙なタイトルだとお思いだろう。

「アジリティー」という競技をご存知だろうか?

様々な障害物を置いてあるコースを、訓練を受けた犬たちが、パートナーである飼い主の指示のもとに走り抜ける競技である。

当院に通院中の患者さんに、このアジリティーなる競技の日本代表選手がいて、この度行われる世界選手権に、昨日出発して行った。

いやはや失礼ながらどんな競技にでも世界選手権というのはあるものなんだな、なんて軽く考えていたが

話を聞いてみると、競技そのものも過酷、ルールやエチケットなども厳格。かなりハードなものである。

拙者にとってはどの患者さんも大事だが、それでも日本代表という人を治療できるのは光栄なこと。

今回はチェコで開催。馴染みのない国ということで不安も大きいようだったが

是非とも頑張ってきてほしい。

※写真の犬は今回の話とは関係ありません。
これはうちの犬で「ゆき(白)」と「あられ(赤)」です。両方とも悪天候の名前

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2012.10.02更新

院長です。

今日O脚矯正で通院中の患者さんが来ました。

今日で5回目。

最初に来院した時には見事なO脚。というよりさらに上を行く「U脚」の状態でしたが…

着々とよくなっています。

ホームページには当院のO脚矯正の紹介がされていますが、ここで補足というか、私のO脚矯正についての意見を述べたいと思います。

O脚矯正を行っている先生全てに独自の考えがあり、どの方法も正解だと思っています。

患者さんと先生の相性もあるでしょう。

私のO脚矯正は、少し乱暴な言い方かもしれませんが、

「患者本人努力型治療」です。

O脚には治療によってよくなるものもあれば、残念ながら何をやっても治らないものも多くみられます。

それを見極めることから治療は始まります。

私は必要な治療を施した後は、誰にでも簡単に出来るエクササイズをお教えし、それを繰り返し実践してもらう。また来院時に治療を行う。

それだけです。

今日の患者さんも、話を聞くと自宅はもちろん仕事の合間にも、できるエクササイズを実践していると言ってました。

これが全て。

患者さんのやる気です。

これでよくなっていくものなんです。

O脚矯正治療に限ったことではありません。

どんなケガでも治ろうとする意欲と治そうとする気持ち。

この2つの気力が、様々なことを可能にしていくと私は思っています。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

side_inq.png