contact_tel.png

2013.03.29更新

院長です。

今日は長くなる。

今年もついに球春到来。
待ちに待った2013年プロ野球開幕‼

各地で熱戦!どの試合もいい試合だった。

しかし我が家では、この大事なペナントレース開幕にあたり、問題が起きた。

拙者は今更言うまでもなく、ホークスファン、そしてパ・リーグファンである。

しかしながらパ・リーグの試合は、これまた言うまでもなく民放TVではなかなか観られない

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2013.03.20更新

院長です。

今日は祝日、仕事は休み。

夕方からASKAのコンサートに行ってきた。

今年正月に行った同じツアー「ROCKET」へ二回目の参加。

我々は一つのツアーにつき、必ず二回、観賞に行く。

今日はしかもツアーファイナル。ASKAも冒頭から
「ファイナルだねぇ。よしいこう!」とノリノリ。

前回はCHAGE&ASKAの再始動の発表前。
今回は発表後とあって、MCの内容も違っていた。

歌声も伸びる伸びる。正月の時も良かったが、今回はさらに良かった。素晴らしいLIVEだった。

今夏、CHAGE&ASKAの復活LIVEが実に、実に楽しみである。

二人とも50代半ばにしてさらに歌が上手くなっている。

すごいものが見れそうである。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2013.03.19更新

院長です。

4年に一度の野球世界一決定戦と位置付けられているWBC。

拙者はこの大会にはあまり大きな価値を見出せないでいるが、国を代表して選手が招集され、戦っている以上はやはり野球ファンとして応援してきた。

そして準決勝。

日本は敗れた。3対1で。

なんのことはない。
今の力の差だ。

選手たちはよく頑張った。

野球はチームスポーツ。
全員で勝ち、全員で負けたのだ。

今日も内川選手の走塁ミスが随分取り上げられていたが、彼のせいではない。

あのような場面でダブルスチールなどと、妙なサインを出す首脳陣に全責任がある。

前に言ったが、やはり山本氏は残念ながら、全日本を率いる器ではなかったようだ。

かつて王監督は

「勝てば選手の力、負ければ監督のミス」

といつも言っていた。

今大会はまさにこの言葉通りの試合ばかりだった。

おかしな采配は選手の力量でカバーされ、なんとか勝ちすすんできた。

それも今日で終わり。
選手たちには酷だが、ペナントレースの方が大事だ。

ほんの少しも休む暇はないだろうが、またいいプレーを見せてもらいたい。

本当にお疲れ様でした。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2013.03.16更新

院長です。

急に暖かくなってきました。

平熱が37度以上ある拙者にとっては、気温18度を越えると半袖で行動しなければならない。

仕事後、帰宅してすぐに水を浴びねばならぬほど、すでに汗をかいている。

汗かきゆえ風呂によく入る。

風呂が好きなのではない。汗を流すため、水を浴びるのが好きなのだ。

シャワーではダメだ。

洗面器から水の「塊」を浴びるのが掟である。

子供の頃から行水で親によく怒られた。

友人と銭湯に行っても10分と中にはいないため
「バカかお前は」とよく呆れられた。

しかしそんな拙者が最近徐々に「長風呂」になってきた。

ある程度の時間浸かっていると疲れも取れ、よく眠れるということをこの歳でようやく実感しはじめたのだ。

笑いたければ笑うがいい。

自分でもバカだと思う。

去年の秋頃からは毎週のようにスーパー銭湯に赴き、様々な風呂を堪能し、岩盤浴に横たわり、閉店まで居座る。

自分でも驚きである。

患者さんと風呂談義になると、シャワーしか浴びない人がなんと多いことか。

もったいない!

今日から必ず湯船に浸かりなさい。

拙者は必ずそう言うようになった。

風呂で本を読むということを患者さんに奨められている。

まだ未経験だが、いつかはやってみようと考えている。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2013.03.07更新

院長です。

急に暖かくなってきましたが、まだまだ3月の始め。春が来たと思っていると体調を崩しますのでご注意を。

今、野球の世界大会、WBCの第一ラウンドが日本で行われている。

このスポーツ好き、野球好きの拙者が、今まで一言も言及してこなかった。

何故か。

失礼だとは思うが、昨年監督が決まった時以来、過度な期待を持って見まいと考えていた。

監督の山本功二氏はすごい選手であったし、嫌いではない。
人柄もよいのだろう。

しかし、見るたびに「これは無理だ」と思った。

情報戦意識が微塵もなく、試合前に先発もオーダーも喋り捲る。

作戦失敗した選手を公然と名指しで批判。

結果を出せない選手を何故か使い続け、逆にチャンスすらもらえない選手がいる現状。

将たるもののすることではない。

工夫も動きもない淡々とした采配。

拙者にはとても全日本の監督の器ではないと感じられる。

拙者の親戚は広島に最も多く、無論カーブファン、しかも世代的に山本、衣笠、高橋氏などのファンが多いので、これ以上山本氏批判をすると命が危ないのでこれくらいにする。

とにかく出場している以上は嫌でも日本を応援してしまう。

意識を変えて戦って欲しいものだ。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2013.03.04更新

院長です。

今日は寝屋川ハーフマラソンの記念すべき第一回大会。

当院の患者さんも数人出場。

その中には毎年いろんなマラソン大会に出場し、3時間台で42㎞走ってしまう強者もいる。

会社にも走って通勤しており、走ることがライフワークになっている。

こんな人もいれば、全く走ったことなどなく、とりあえず用具などを揃え「カッコから」という人もいる。

自宅のすぐ近くがコースなので、見に行ってみたが…

バッチリとマラソンスタイルに固めた人も。

スパイダーマンやショッカー、ルフィのコスプレをしている人も。

走っている姿は皆真剣そのものだった。

走る皆さんを見ていたら自分も走りたいと思ってしまった。

しかし拙者は元陸上部員だが、長い距離は走れない。

冗談ぬきで今は1㎞も走れないであろう。

大会がずっと続いていくならばいつかはでてみたいと思う。

一年練習すれば、少しは走れるだろう(笑)

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

2013.03.02更新

院長です。

今日は金曜で当院は夕方まで。

CHAGEのソロライブを観に行った。

約2年振りのCHAGEソロライブ。先日CHAGE&ASKAの再始動を発表したとあって、観に行くこちらのテンションも高い。

だが、今日のライブはバラードで構成の「静かな」ライブ。

しかも今日のライブはかなり変わった趣向のものだった。

朗読ブラス歌。

「ボイス」と紹介された沢口さんの朗読でライブが始まる。

明治、大正、昭和、平成と100年間を生きた女性の日記を朗読し、間にCHAGEの歌が重なるという形で進んでいく。

これが何というか…

すごくよかった‼

日記の女性はもちろん実在するわけではない。

が、感情移入して泣いている女性もいた。

全く見たことがないスタイルだが大満足。いいライブだった。

夏のCHAGE&ASKAの復活ライブが実に、実に楽しみである。

投稿者: やなぎだ鍼灸整骨院

side_inq.png